HOME>ホットトピックス>従来の入れ歯と比べると快適さが高いのが特徴

抜けた歯を補う

インプラント

人の歯はいつまでも残っていることは珍しく、加齢とともに抜けていくもので、虫歯の進行次第では抜く必要性も出てきます。そして抜けた状態を維持すると咀嚼を始めとする口内環境に影響を及ぼすため、その対策として利用できるのが、自由が丘でも受けられるインプラントです。

安定感を高める人口歯

診療室

抜けてしまった歯の代わりに使用するものとしては入れ歯が一般的ですが、なぜ入れ歯ではなく自由が丘のインプラントを選択するかというと、安定感が高いというのが理由のひとつです。土台となる器具を骨と癒着させた上に人工歯を取り付ける形なので、自然に近い状態になります。

装着感や負担がない

広い範囲をカバーする総入れ歯だと厚みが出るため装着している違和感を感じなければならず、部分的なブリッジタイプだと固定するために周囲の歯に負担を与えてしまいます。その点自由が丘のインプラントでは力は根元のあごにかかるため、周囲の負担も違和感も少なく済みます。

耐湿に合わせて治療方法の変更ができる

インプラントを受ける場合は、土台となるあごの骨部分に、器具を埋めるのに十分な幅があることが条件になります。しかし治療を希望する人の中には、その厚さが足りないこともあります。そんな時は再生医療や別の部分から骨を持ってきて移植をするという方法が使えるため、厚さが足りないからすぐに断念しなければならないわけではありません。ただどの歯科でも再生医療と移植ができるわけではないため、自由が丘の中で対応しているところを探す必要があります。

広告募集中